あかりのしょっかく

あかりの触角がビビっと反応した日常で気になったことや好きなことを気ままに書いていきます。 好き勝手に書いていきますので 気に障ったらごめんなさい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

13歳のハローワークドラマあらすじ

13歳のハローワーク第5話はイカテンを通しての芸能界の話でしたね。
松岡君のドラム姿を観られるかと楽しみにしていたのに
和太鼓はちょっと残念でした。

まぁ あの時代は、ある意味やったもの勝ち。
そんな所もありましたよね。

今回は話で凄いと思ったのが、塾で騒いでいる子供たちに
翔子ちゃんの一言です。

「将来誰にも相手にされない小さな声を望むものは
今、喉を枯らしてしゃべりなさい。

広く、世界に影響を与える大きな声を望むものは
今、黙りなさい。」


素晴らしいコトバと思いました。
こう言われると、おしゃべりも止めますよね。

次回はどんな素敵な言葉に出会えるのでしょうか。

そうそう、やはり高野はあの高野なのでしょうかね。。。
鉄平に気づいてないふりなのでしょうか。。。






≪ あらすじ  第6話  ≫

鉄平(松岡昌宏)が1990年にタイムスリップすると、13歳の
自分(テッペイ=田中偉登)が通う学習塾では、結婚に大きな
夢を描く里奈(小野花梨)と、主婦の仕事を頭からばかにする
真帆(山本舞香)が、火花を散らしていた。

そんな中、鉄平は塾長の唄子(風吹ジュン)から、高野(横山裕)と
共にホストクラブで働くよう命じられる。

2人は先輩ホストの猛(眞島秀和)に付き、ホストのイロハを
教わるが、翔子(桐谷美玲)はそれを快く思わない。

(yahoo!テレビ.Gガイド参照)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
また、お会いできることを楽しみにしています。

スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012/02/13(月) 12:06:31|
  2. 13歳のハローワークドラマあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

FX業者 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。